卒業式の着物や袴レンタルの通販サイト
ハカマガールズ

卒業式を失敗させないために実践したいこと

袴の小袖と振袖の違いについて


小振袖&袴セット【小振袖 LN-2 × 袴 LH-2】 ☆ブランド/LIZ LISA☆

学生生活の最後を飾るイベントは卒業式・・・

大切なお友達とも離れ離れになってしまうので寂しくなりますが、最高の思い出を作る為にも、着物姿で一日ステキな思い出を残す為に失敗しないようにしたいものです。 また、初めて袴を着る方がほとんどだと思いますので、どんな準備をすれば良いのか不安に感じる方も多いと思います。


式典当日、あっ!こうしておけばよかった!これ忘れちゃった!そんな事知らなかった! など悔いが残らないよう、慌てることなく、素敵な卒業式を迎えるために、注意するべきポイントをご紹介しますね。

袴のレンタルやお着付けをする美容院などのご予約はお早めに!

小振袖&袴セット【小振袖 LN-4 × 袴 LH-3】 ☆ブランド/LIZ LISA☆

衣裳、着物袴については、いつ頃予約をすればいいの?なんて疑問に思ったりする人も多いと思います。 一般的には、お店側の対応として3月に卒業式ですから基本的には予約開始時期は1年前の4月からご予約開始しているところが多いとされています。

しかしながら、現実的には3月に使用した着物、袴などの商品はメンテナンスに入ります。ぞくに言うクリーニングをする期間の事を言います。 そのような事から受付の開始時期は早いところで4月、または5月というような受付を開始しています。 大学生協窓口でも早い受付で5月頃、遅いところでは7月頃など、そのお店でお店で違いはありますが、一般的には5月、6月頃と言ったところが多いです。 その予約開始と同時に予約をすることが出来ますので、早い方は春先にはご予約をされます。もちろん1年以上前の方も当然おいでます。 一つの目安としては夏休み前までに決めておくことがオススメと言った境界線がございます。なぜならば、各社、お店でもネットでも早割!!などの制度も設けているところが多く 当然人気の商品は集中してご予約が入りますので早い時期からのご予約の方が、安く、気に入ったものがたくさんある!と言った観点から 早めにご予約されることをオススメ致します☆一度ご予約してしまえば、後から新作などの商品が出てきても変更してもらえばOKなので、早い予約をすることで損得で言う損をすることは少ないと思います。

また、最近では着付けをご家族の方、または自分でチェレンジ!と言う方も増えていますので、それ以外の方であれば 美容院さんに頼まれえる方も、やはり早いご予約が良いとされています。 式直前になって美容院を予約すると、とても朝早い時間帯になってしまうことがあるので、出来るだけ早めに予約しておくと良いでしょう。
美容師に相談をしながら髪型のセットを事前に決めておくことで当日のヘアスタイルなどもスムーズに事が進みます。

防寒対策をしておきましょう

小振袖&袴セット【小振袖 ON-15 × 袴 HL-H12E】 ☆着物:ブランド/大島 優子☆☆袴:ブランド/Henri-LucChapuis☆

卒業式のシーズンは一般的には2月の下旬から3月ですが、地域によってはまだまだ寒い所もありますよね。

花咲く、冬が終わるイメージがありますが現実的にはまだまだ、気温も低く、地域によっては雪が残っている地方も少なくありません。 ご予約するときは、式典当日のイメージをするのは難しいので、防寒対策・・・なんて、当日になってみないと、と言う事もあるかと思います。 そのあたりのチェックについては、式典日の前に、天気や気温は事前にチェックしておくと良いでしょう。
着物、袴については素材はほとんどが小振袖の場合(ポリエステル100%)です。生地で言うと着物は防寒には適していませんのでインナー類で工夫して頂くことになります。 近年では薄手でもヒートテック素材などが出ていますのでそれらをインナー着として着用する事も良いでしょう。 その他のアイテムは、羽織ものやホッカイロ、タイツなどを着用することをオススメします!

着崩れした時の対処法も確認しておきましょう

小振袖&袴セット【小振袖 ON-13 × 袴 OH-102】 ☆ブランド/大島 優子☆

袴を長時間着ていると、着崩れしていないか心配になります。
車の乗り降りや階段の昇り降り、椅子に座る時、お手洗いに行く時など動作に気をつけなければなりません。 たとえ着崩れしても、自分である程度直せるように、着付けをしてくれた方に事前に聞いておきましょう。
【着崩れしない為のポイント】