卒業式の着物や袴レンタルの通販サイト
ハカマガールズ

はかまを着る予定のある方へ

はかまを着る予定のある方へ

 

小振袖&袴セット 【小振袖 2474 × 袴 HC-BK】

卒業式で、はかまを着る学生の方はたくさんいらっしゃると思います。
普段着と違ってはかまとなると、非常に動きが制限されます。これは着物を着たと言う心理からもおひとやかな行動に自然となってしまうものなんです。

そこで、窮屈さを感じて少しイライラしたり疲れてしまったりすることもあるかもしれませんが、ここを我慢することで、あなたのはかま姿がより一層引き立つので、 二度と来ることのないこの一日を耐え抜くと同時に思いっきり楽しみましょう。

そんなあなたに、はかまを着こなすために必要な注意点についてご紹介いたします!
はかま着用時には、気をつけなければならない動作がたくさんあります。
普段のように動いてしまうと、せっかく時間をかけて着付けたはかまが着崩れしてしまいます。 できる限り一つ一つの動作に意識して行動するといいと思います。

はかま着用時の注意点

  椅子に座るとき

椅子に座るときは、シワが寄らないように浅く腰掛けるようにします。
はかまの両側の袖は合わせて膝の上に折り畳むようにして置きます。
そして背筋を伸ばして座りましょう。

  車に乗るとき

学校までは、車に乗って向かうこともあるでしょう。
車に乗るときは、まず荷物を先にトランクに入れておきます。
そして袖を左腕にかけるような形で持ったあと、お尻から座席へ入るようにします。
座席に腰掛けたら身体を回転させますが、その時に帯が潰れないように注意して下さい。

  階段の昇り降り

はかま姿だと、裾を踏んでしまいがちなので、昇るときは、はかまの前側を少し持ち上げ、降りるときは、はかまの後ろ側を少し持ち上げるようにしましょう。

  トイレ

はかまを着ると、トイレに行けないと思っている方も多いと思いますが、多くのはかまが行灯はかまと言って、中にしきりがなく筒状になっているので、ロングスカートを着ている要領で利用出来ますよ。
利用するときは、袖を帯とはかまの間に挟むようにします。
終わったら袖を元に戻して、はかまの前後をきちんと確認して下さい。
手を洗うときも袖口を濡らさないように注意しましょう。
トイレは洋式を利用するのがベストです!

information